クラフト・手芸とワクワク生活  

 

ロータリーカッター

って凄く便利♪

ロータリーカッターについての
ヒトリゴト。


  

 

「クラフト・手芸 とワクワク生活」 top >  管理人のヒトリゴト   > 

ロータリーカッターって便利っ♪

 





 ロータリーカッターって便利っ♪

 

ロータリーカッター

 

ロータリーカッターは、手芸やクラフト好きの方なら

一度は雑誌やカタログでご覧になった事があると思います。

 

多くの方が言われるように、一度使ったら手放せません。

 

左の写真は私が使っているロータリーカッター
ミシンキルト用の定規(クロバー製)です。

直角に、真直ぐに、平行に、と定規で寸法を確認しながら
印し付けなしで、ドンドン仕事がはかどります。

 

 

 

 

 

こちらの写真は

新品のクロバー製ミシンキルト定規(30cm)です。

適度な重みと目盛の見易さで使いごごちがすごくいいです。

 

欠点は、

私が使っている物の写真をご覧頂けば確認して頂けると思いますが 使っている内に、目盛が磨耗して消えてしまう事。

 

5年位使っているのですが、ミリ単位の目盛が見難くなってきました。

 

でも、買い替えるならやっぱりクロバーの コレかな?

 

消えるけど、目盛が直感的に見易いからです。

この定規をあてて、ロータリーカッターでサク〜と切ります。

(勿論、下にはカッティングマットをひいておいてくださいね)

 

仕事が断然、速い・綺麗!

 

 

ロータリーカッターで布を切る場合、

特に注意しなければいけない事は 歯の部分を何かに当てないこと。

 

うっかり、定規とかハサミとかに当て歯が欠けると
被害はロータリーカッターの歯だけではすみません。

 

気付かず、歯の掛けたロータリーカッターで布を切ると
掛けた部分だけ布が切れず、布の織り糸1本だけ残る事があります。

 

それに気付かず、切れたと思って布を取り上げると
ツーーー・・・   一本だけ残った織り糸が引っ張られ、
布に、ギャザーが入ったり、模様が糸一本分崩れる事に・・・

 

現在私が使っているタイプは手動で歯のカバーを動かすのですが
今は、自然と歯をガードしてくれる仕様のモノがあります。(右の写真)

 

大きめのカッティングマットを机に敷いておくと便利です。

 

その上で縫い物などの作業をしつつ
どこでも気にせず、必要な部分をカットできます。


ちょっとした寸法なら、マットの目盛ですぐに測ることができます。

 

 

オススメです♪

 

 

 






 

ネットショップを作りませんか

 

月額875円で
あなたのオリジナルブランドを
立ち上げませんか?
まずは、お試し30日!


 →ビジネスとして真剣にやる方法

 

 →簡単にHP(ホームページ)が
作りたい

 

 →HPは面倒、ブログがいい
でも広告でゴチャゴチャしてる
無料ブログはイヤ

 

広告の入らないスッキリした
ブログが1ヶ月125円で
最大50個作れます。
メルアドも無制限

 

クラフト・手芸のリンク集

ショップ・メーカー

価格比較

   

 手芸・クラフトに関する商品

 価格の参考にどうぞ。

   

   → 価格比較

   

作ってみませんか

日々の暮らしの中で

 

 

  

クラフト・手芸とワクワク生活

Copyright (C) All Rights Reserved